スクリーンパーツ ライブラリの管理

スクリーン パーツでデザインを作成

概要

スクリーンパーツ ライブラリはスクリーンパーツを含むパッケージです。スクリーンパーツをプロジェクトに追加した後、その他のプロジェクトで使用するために共有またはエクスポートできます。プロジェクトにスクリーンパーツを追加するには、ローカル リポジトリまたは cloud.indigo.design サーバーからインポートします。

スクリーンパーツ ライブラリの共有

プロトタイプと同様スクリーンパーツ ライブラリは cloud.indigo.design で共有できます。プライベート共有ライブラリは URL でアクセスしてダウンロードできます。コミュニティ ライブラリは誰とでも共有できます。 コミュニティ ライブラリまたは自分のライブラリを Indigo Studio でインポートできます。

スクリーンパーツ ライブラリを共有するには、プロジェクト ホームスクリーンパーツ ライブラリの共有 オプションを使用します。

スクリーンパーツを選択した後、プロジェクト ホーム選択済みの共有 オプションを使用するか、スクリーンパーツ タブのコンテキスト メニューの スクリーンパーツ ライブラリ の共有 オプションも使用できます。

F共有の詳細については、「プロトタイプの共有」を参照してください。 構成オプションの詳細ガイドについては、「共有オプション」を参照してください。

スクリーンパーツ ライブラリのエクスポート

スクリーンパーツ ライブラリをエクスポートするには、プロジェクト ホームその他のオプション メニューから スクリーンパーツライブラリのエクスポート を選択します。

このオプションは、その他のプロジェクトからインポート可能な .library ファイルを生成します。

スクリーンパーツ ライブラリのインポート

.library ファイルをローカル ディレクトリまたは cloud.indigo.design から任意のプロジェクトにインポートできます。Indigo は、インポートされたライブラリをプロジェクトの .library で終わる新しいフォルダーに保存します。

スクリーンパーツ ライブラリをはじめてインポート

既定ライブラリ フォルダーにスクリーンパーツ ライブラリがない場合、コンピューターで .library ファイルを参照して最初のライブラリを追加できます。参照したライブラリを選択する際に、Indigo Studio はそれを既定ライブラリ フォルダーにコピーします。任意のプロジェクトからスクリーンパーツ ライブラリをインポートするときにライブラリを利用できます。

デフォルト ライブラリ フォルダーからスクリーンパーツ ライブラリのインポート

  1. プロジェクト ホームその他のオプション メニューの スクリーンパーツ ライブラリのインポート リンクをクリックします。

    デザイナー ツールボックススクリーンパーツ タブから スクリーンパーツ ライブラリのインポート ダイアログを開くこともできます。

    インポートされたライブラリもインポート可能なライブラリのリストが表示されます。

    デフォルト ライブラリ フォルダーの変更 リンクをクリックすると、その他のフォルダーを利用可能なライブラリの参照場所として設定できます。

  2. インポートするライブラリの インポート リンクをクリックします。

    保存先のフォルダーおよびライブラリの名前を変更できますが、フォルダー名の最後が .library である必要があります。

  3. [コピー] ボタンをクリックします。

または、.library ファイルを参照、あるいは cloud.indigo.design からファイルをダウンロードしてインポートできます。Browse (.library) ボタンを使用してコンピューターのファイルを参照するか、コミュニティからダウンロード リンクを使用して cloud.indigo.design コミュニティでライブラリを参照できます。

関連トピック