プロトタイプを HTML へエクスポート

プロトタイプの使用

概要

Indigo Studio でプロトタイプを生成できます。独自のサーバーまたは Google Drive、Dropbox などの共有サービスでホストできます。

Indigo Studio サーバーでプロトタイプを共有するには、プロトタイプの共有 を参照してください。

デフォルト オプションを使用して HTML へのエクスポート

  1. プロジェクト ホームその他のオプション をクリックし、プロトタイプのエクスポート(HTML) オプションを選択します。

  2. プロトタイプを保存する先のフォルダーを選択します。

  3. プロトタイプのエクスポート ダイアログで [プロトタイプの生成] ボタンをクリックします。

    Indigo Studio は index.html ファイルおよび複数のフォルダーを作成します。「公開完了」メッセージと新しく生成されたコンテンツを含むフォルダーを開くためのボタンが表示されます。

生成されたプロトタイプの共有

生成された index.html ファイルおよびフォルダーをサーバーまたはサービスにコピーします。

プロトタイプを実行するためには、相対パスを使用して HTML ファイルおよびフォルダー内のファイルを共有する必要があります。正しく動作しない場合、サービスが相対パスをサポートするかどうかを確認します。サービスのヘルプを確認または管理者にお問い合わせください。

サーバーに共有する場合、Web サイトのフォルダーに生成されたコンテンツを FTP またはファイル転送サービスによってコピーする必要があります。https://yoursite.com/yourfolder/index.hml などのリンクを共有できます。フォルダーの既定文書として動作するため index.html を含む必要がない場合があります。index.html の名前を変更すると、リンクにファイル名を更新します。

オプション

エクスポート アイテム

目的 アクション UI
プロトタイプのエクスポート プロジェクト ホームその他のオプション をクリックし、プロトタイプのエクスポート (HTML) オプションを選択します。
プロトタイプのエクスポート プロジェクト タブ のコンテキスト メニューから プロジェクトのすべてをエクスポート プロトタイプ (HTML) オプションを選択します。
特定のファイルのエクスポート プロジェクト ホーム から選択して、スクリーンサムネイルのコンテキスト メニューの 選択済みをエクスポート オプションを使用します。
スクリーンおよびすべてのリンクされたスクリーンのエクスポート スクリーン タブ のコンテキスト メニューから ドキュメントのエクスポート プロトタイプ (HTML) オプションを選択します。

エクスポート ダイアログで リンク付きのスクリーンを含む オプションをチェックすると、プロトタイプのリンクから移動可能な選択以外のスクリーンを含みます。プロトタイプに壊れたリンクがないことになります。プロトタイプを表示するとき、プロトタイプ ビューアー の目次を使用してリンクされていないスクリーンに移動できます。

開始ポイント

開始ポイントは、プロトタイプが開いたときに表示する最初のスクリーンです。プロジェクト ホーム でサムネイルにホーム アイコンがあります。選択したスクリーンの開始ポイントが設定されていない場合、Indigo Studio は開始ポイントを選択することをプロンプトします。

プロトタイプ ビューアー オプション

オプション 説明 デフォルト
注釈 注釈レイヤーからメモ、矢印、およびコールアウトを表示します。モバイル デバイスでは表示されません。 有効
操作の強調表示 インタラクションがある要素で強調表示を表示します。 無効

関連トピック