コンテナーの使用

UI 要素の使用

概要

UI 要素を視覚的なブロックに体系化します。コンテナーは要素であるため独自のプロパティがあります。また他の要素を含むことができるため、それら要素の表示を自由に変えることができ、コンテナー内の要素をクリップしたり、スクロール可能なコンテンツを表示したりできます。これらの機能はネスト コンテナーで実現できます。

スクリーンまたはスクリーンパーツでコンテナーを使用

コンテナーとの操作:

コンテナーの追加

コンテナーを追加するには、以下のいずれかを行います。

  • Alt を押しながらドラッグし、container と入力します。
  • Alt を押しながらクリックし、デフォルト サイズのコンテナーを作成します。
  • ツールボックス のレイアウト セクションからコンテナーをダブル クリックまたはドラッグします。

コンテナーの編集

編集モードに入るには、以下のいずれかを行います。

  • コンテナーをダブルクリックします。
  • コンテナーを選択し、Enter を押します。
  • プロパティ パネルコンテナー コンテンツの編集 アクションを使用します。
  • 右クリックして、コンテキスト メニューの コンテナー コンテンツの編集 アクションを使用します。
  • ネスト コンテナーがある場合、デザイナーの左上コーナーでブレッドクラムを使用して親コンテナーを編集できます。

コンテナーの編集では、コンテナー以外のデザイナスクリーンはグレーアウトされます。コンテナーを編集中であることを示すメッセージも表示されます。

コンテナーの編集モードを終了するために、以下のいずれかを行います。

  • Esc を押します。
  • ダブルクリックします。
  • ネスト コンテナーがある場合、(X をクリックして) デザイナーの左上コーナーでブレッドクラムを使用して親コンテナーまたはキャンバスにアクセスします。

コンテナーに要素を追加

コンテナーに要素を追加する方法が複数あります。

  • 要素をコンテナーへドラッグするとき、Space を押下します。
    ツールボックス から要素をドラッグするか、既存の要素もドラッグできます。Space キーを押下せずに要素をドラッグする場合、マウス カーソルがコンテナーの上に移動したときに、Indigo は、要素をコンテナーに追加するために Space キーの押下を促すプロンプトを表示します。

  • コンテナーの編集モードに入ります。Indigo は、編集モードで追加された要素をコンテナーに配置します。

  • 編集モードで、プロパティ パネル (Space+クリック) の コンテナーに追加 アクション、またはコンテナー以外の要素のためにコンテキスト メニュー (右クリック) のアクションを使用します。

  • 既存の要素をコンテナーに移動するには、要素とレイヤー パネルを使用します。

コンテナーのネスト

要素をコンテナーに追加するように、コンテナーをその他のコンテナーに追加できます。

コンテナー内の要素へのアクセス

コンテナーを編集していない場合、コンテナー内の要素を選択するには、Space を押しながらクリックします。

ネストされたコンテナーを編集する場合、親コンテナーをダブルクリックすると編集モードに入ります。コンテナー以外にデザイナーをダブルクリックすると、最上位に移動します。ブレッドクラムは現在の要素を表し、親コンテナーまたはキャンバスへのアクセスを提供します。

マウス カーソルの下の要素にアクセスするには、デザイナスクリーンを右クリックします。

関連トピック