ストーリーボードの概要

ストーリーボードのデザイン

概要

ストーリーボードは、映画を制作する前に映画を計画してテストするために映画業界で開発され、ソフトウェアが開発される以前より使用されています。また漫画でも使用されている概念で画像にテキストを追加してストーリーを表します。映画の場合、スクリプトにストーリーが含まれ、ストーリーボードはビジュアルを表します。この 2 つの例では、このツールの目的を説明します。実際にコストをかけて作成する前にヒューマンセントリック エクスペリエンスを作成します。エクスペリエンスを人に説明します。

ソフトウェア開発でストーリーボードを使用

ストーリーボードは、実際のソフトウェア開発やプロトタイプにコストをかける前に、ソフトウェアのヒューマン コンテキストを理解し、エクスペリエンスを試行するために使用できます。ソフトウェア業界で、最適なデザインをすばやく決定することができると、開発コストを抑え効率的に開発することができます。

ストーリーボードは、ビジネス要件文書、ユース ケース シナリオ、およびユーザー ストーリーより便利です。文書の作成、その文書に基づいたソフトウェアの作成で、ストリーボードを使用できます。このように、最適なソフトウェアの作成方法を決定できます。

ストーリー形式がソフトウェアで効果的なのは、ストーリーはわれわれの生活を反映しているからです。ストーリーは、数千年前もから人間の経験したことを説明しています。言葉が使用される前、人間は経験を説明するために画像を使用していました。ソフトウェアでヒューマン エクスペリエンスを関連付けするためにも画像を使用することは当然といえます。むしろ、技術的なことをサポートする人間の経験にフォーカスします。

ストーリーボードは、壁に描いたり、本にスケッチしたり、あるいは他のツールを使用して作成したりできますが、ストーリーボードは作成予定のソフトウェアについて理解を深めることができます。それは、予定された開発方法と実際の開発が異なる場合があるためです。ストーリーをできるだけ早い段階で作成し、関係者やユーザーに共有してフィードバックを集めることにより、ユーザー エクスペリエンスを向上することができます。ストーリーボードの変更は、コードの変更に比べて費用効果が大変高く、簡単に機能を変更できるという利点があります。

ストーリーボードでストーリーの概要を説明し、作成予定のソフトウェアでの詳細な操作を再現できるためとても便利です。

Indigo は、ストーリーボードをサポートする多くのシーンを提供します。シーンを使用して、デバイスで人や場所を表示し、実際の前後関係を示すことができます。それによって、ソフトウェアが人や生活などと依存関係があることがわかります。チームやクライアントがユーザーの視点から考えられることにより、作成されたソフトウェアは便利で使用しやすく、ユーザーの理想的なソフトウェアになりえます。

ストーリーの概要をシーンによって表示し、詳細なステップ バイ ステップのインタラクションも表示できます。単一のフローを表示、判断ブランチおよび平行フローを表示できます。結合したスクリーン デザインを使用すると、フローの特定の手順で UI をデザインすることができます。

関連トピック