要素の非表示とロック

UI 要素の使用

概要

要素の非表示とロック

スクリーンで作業をする際に、要素を非表示またはロックにすることができます。要素をロックまたは非表示にした場合、要素を選択または編集することはできません。また、要素をスクリーンから削除せずにユーザーに非表示にすることが可能です。ユーザー インタラクションに基づいて要素を表示または非表示にできます。

要素を非表示とロック

以下で要素を非表示またはロックにできます。

「要素とレイヤー」ペインの使用

  1. 要素とレイヤー」パネルで要素を検索します。

  2. 対応するアイコンをクリックします。

    • 目のアイコンをクリックすると、要素が非表示/表示にします。

      アイコンは開いた/閉じた目を表示します。

    • ロックのアイコンをクリックすると要素がロック/ロック解除されます。

      アイコンはロック解除/ロック済みのパッドロックを表示します。

要素のプロパティ パネルの使用

  1. 要素をクリックして プロパティ パネル を開きます。

  2. 対応するアイコンをクリックします。

    • 目のアイコンをクリックして要素を非表示にします。
    • ロックのアイコンをクリックして要素をロックします。

      コンテキスト ペインを閉じます。

コンテキスト ペインを使用して要素を非表示/ロックできます。表示/ロックの解除はできません。表示/ロックを解除するために以下の手順を実行するか、上記で説明した「要素とレイヤー」パネルを使用します。

カーソルの下の要素パネルの使用

  1. 要素を右クリックして「カーソルの下の要素」パネルを表示します。

  2. 対応するアイコンをクリックします。

    • 目のアイコンをクリックして要素を非表示/表示にします。
    • ロックのアイコンをクリックして要素をロック/ロック解除にします。

関連トピック