グループワーク スペースを使用したコラボレーション

プロトタイプの使用

概要

Indigo Studio はグループ ワークスペースを利用してコラボレーションが可能でプロトタイプやユーザビリティ テストでも利用できます。 パーソナル ワークスペースに公開した場合は、公開したプロトタイプのみ変更できます。一方グループ ワークスペースではすべてのメンバーがワークスペースに公開でき、メンバーが参加を解除した場合もワークスペースにアクセスすることができます。

このトピックの内容:


グループ ワークスペースの使用方法グループ ワークスペースを使用したコラボレーションの方法も合わせてご覧ください。

グループ ワークスペースの作成

プロトタイプを共有する場合、グループ ワークスペースの作成オプションを使用します。

cloud.indigo.designでもグループ ワークスペースの作成や管理が可能です。

Indigo Studio のワークスペース プロトタイプにアクセス

Indigo Studio アプリケーション メニューワークスペースタブから公開された共有アイテムへアクセスします。利用可能なワークスペースと切り替えができます。

アクセスのあるパーソナルまたはグループ ワークスペースからデザインを開いて編集できます。

jp.infragistics.com のアカウントでサインインしてください。

グループ ワークスペースに公開

アプリケーション メニューワークスペースタブからプロトタイプを選択し、新しいプロジェクトとして開くをクリックします。

変更を加えたら Indigo Studio 共有オプションを使用して公開します。

ワークスペースの既存の共有を置き換える、あるいは新しいステートとして公開し、代替を作成します。詳細については、共有オプションを参照してください。

cloud.indigo.design で共有アイテムを選択してワークスペースへコピー操作で他のワークスペースに共有のコピーを作成できます。

cloud.indigo.design でグループ ワークスペースを管理

ワークスペース ドロップダウンからワークスペースを選択し、ギア アイコンをクリックします。

オプション 説明
ワークスペース名の編集
通知を有効 / 無効にする ワークスペースのアクティビティ情報をメール通知を開始または停止します。
メンバーの追加/招待 リストからメンバーを選択して直接追加またはメール アドレスを入力して招待を送信します。
メンバーの削除 削除したメンバーはワークスペースへのアクセスおよびデザインの公開ができません。
ワークスペースから解除 ワークスペースへのアクセスおよびデザインの公開ができなくなります。
ワークスペースのアーカイブ メンバーはこのワークスペースに公開できません。すべてのメンバーがワークスペースを復元できます。

通知の設定

以下は、ワークスペース メンバーの場合に受信可能な通知のリストです。

通知内容 設定方法
ワークスペースへの招待 自動送信
ワークスペースに追加 自動送信
ワークスペースに公開 ワークスペースの通知を有効に設定
共有アイテムの置き換え ワークスペースの通知を有効に設定
共有アイテムの削除 ワークスペースの通知を有効に設定
ワークスペースをアーカイブ ワークスペースの通知を有効に設定
ワークスペース共有に新しいコメントの追加 共有アイテムの通知に登録
ワークスペースのユーザビリティ テストの新しい参加者 ユーザビリティ テストの通知に登録

関連トピック