ユーザビリティ テストの設定

プロトタイプの使用

プレビュー

Indigo Studio のユーザビリティ テストに基づいた共有プロトタイプがこのトピックの最後にあります。ビデオ チュートリアルも合わせてご覧ください。

概要

  1. cloud.indigo.design でプロトタイプを共有
  2. ユーザビリティ テストの作成
  3. タスクの定義
  4. 参加者の招待

詳細手順

1.cloud.indigo.design でプロトタイプを共有

例で使用するMoney App プロトタイプはここからダウンロードしてください。Money App は日々の経費を管理するユーザー ストーリーをシミュレーションするプロトタイプです。

  1. Indigo Studio でプロジェクトを開き、プロジェクト ホームプロトタイプの共有をクリックします。

  2. プロトタイプのリンクを生成 をクリックして既定の設定で公開します。

  3. プロジェクト ホームプロトタイプの共有ドロップダウンから共有アイテムの管理を選択してcloud.indigo.designへ移動します。

2.ユーザビリティ テストの作成

  1. 作成した共有アイテムを選択して詳細を表示します。

  2. ユーザビリティ テストを作成ボタンをクリックします。

  3. オプションで依頼文やお礼文を追加できます。

    依頼文はテストを始める前に参加者に表示されるメッセージです。 お礼文は参加者がテストを完了後に表示されるメッセージです。たとえばテスト後にアンケートの回答を促すために使用することもできます。

cloud.indigo.design にサインイン中にナビゲーション バーのユーザビリティ テストを選択し、すべてのテストを表示および管理できます。

3.タスクの定義

テストを開始するには、タスクが少なくとも 1 つ必要です。

  1. 新しいタスクの追加をクリックしてタスクを追加し、説明を追加します。

    例に従うには、以下を入力してください。
    コーヒーにお金を使ったと仮定します。アプリを使用して出費を記録します。

    テストはリモートで行われるため、タスクについての説明やプロトタイプの詳細はテストの結果に影響を及ぼす場合があります。
  2. フローの記録を開始

    フローの記録をクリックします。 プロトタイプを起動してインターフェイスを記録し、参加者がタスクを完了するために必要な手順を定義します。

  3. 開始ポイントとしてマーク

    この例では、開始ステートを使用します。タスクに基づいて開始ポイントとしてステートを選択できます。

  4. プロトタイプとインタラクションすることによる次の手順を定義

    間違えた場合は直前の手順をやり直すことができます。

  5. タスク フローの保存

    参加者が行う予定のタスクを完了したらタスク フローを保存します。

    タスクの追加に上限はありません。

4.参加者の招待

  1. このテストを開始ボタンをクリックします。

  2. 招待オプションでリンクを取得し、参加者に共有します。

参加者がテストを開始した後はテストの変更はできません。

参加者数が必要数に達したらテストを終了し、それ以降参加を受け付けないようにできます。