デザインのエクスポート

プロトタイプの使用

概要

Indigo Studio でデザインをエクスポートする方法についての情報を説明します。利用可能な形式およびエクスポート オプションのリストについては、「エクスポート オプション」をお読みください。

デザインを画像としてエクスポート

スクリーン、スクリーンパーツ、スタイルシート、ストーリーボードを画像 (.png) ファイルとしてエクスポートすることは、Indigo Studio のデザインを仕様文書または PowerPoint や Keynote などのツールで含むために便利な機能です。スクリーンおよびストーリーボードのスナップショットも作成できます。詳細については、「デザインのスナップショットの作成」を参照してください。

デザインを画像としてエクスポートする場合、キャンバス以外の注釈がエクスポートされた画像で表示されます。スクリーンおよびスクリーンパーツのすべてのメモ、コールアウト、および矢印は注釈です。キャンバス以外にあるその他の要素は表示されていません。

PDF ファイルへのエクスポート

Indigo Studio では、ドキュメントを PDF ファイルとしてエクスポートすることができます。エクスポートしたファイルには、目次、プロトタイプの各ストーリーボード、スクリーンステート、スクリーンパーツステート、およびスタイルシートの画像が含まれます。

目次は、インタラクション フローを表示し実行可能なパスを表示します。以下の画像は、スクリーンインタラクション フローの例とフローの PDF の目次を示します。

HTML へエクスポート

レビューアーと自分のサーバーで共有するには、このオプションを使用します。詳細については、「プロトタイプを HTML へエクスポート」を参照してください。Indigo Studio サーバーでプロトタイプを共有するには、「プロトタイプの共有」を参照してください。

ファイルとアセットのエクスポート

プロジェクトを共有するために指定したファイルまたはプロジェクトの全体をエクスポートできます。エクスポートされているスクリーン、スクリーンパーツ、およびストーリーボードのすべての必要なアセットをエクスポートします。ストーリーボードに含まれているスクリーンもエクスポートします。

スクリーンパーツ ライブラリのエクスポート

スクリーンパーツ ライブラリをエクスポートした後、その他のプロジェクトからインポートするか、他の人と共有できます。

関連トピック